BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 最新情報
  4. 【絵本の選び方】年齢に合った絵本を選ぶコツは?

【絵本の選び方】年齢に合った絵本を選ぶコツは?

今から20年以上前に、読み聞かせボランティアを始めた頃は
静岡県浜松市内で、まだ1,2校ぐらいでしたが

 

現在は、大変多くの学校などで、読み聞かせボランティアさんが
絵本の楽しさを届けられている状況になりました

 

そこで、「もっと深く学びたい」と読み聞かせ講座やセミナー
認定講座を受講して下さるのですが

 

皆様、「絵本の選び方が難しいです・・・」と
お悩みを相談されます

 

本屋さんや図書館では、年齢別に並んでいないので
絵本リストなどを参考に選んでいらっしゃるとの事でした

 

それでも、なぜその絵本が、◯歳向けなのか
判断のポイントが分からないと
ご相談される事が少なくありません

 

特に、判断に迷ってしまう要因では
こういうことがあるからではないでしょうか?

 

例えば、小学3年生への読み聞かせに選んだ絵本が
「年中さんぐらいでも楽しめるかも?」と思った時

 

「小学生に、年中さん向けの絵本を読み聞かせするのは
ちょっと避けた方が良いのかもしれない」と思われて
結局どう選べば良いのか、困ってしまうそうです

 

小学生には、小学生向けの絵本を選んだ方が良いと
思われるかもしれませんが、絵本は、そもそも
子どもから大人まで楽しめるので

 

1冊の絵本の年齢毎の楽しみ方が
分かるようになることで解決しますよ

 

では、どのように判断するのか
一緒に考えてみましょう!

 

著書のじゃんけん大会に参加したり
赤ちゃん・小さいお子さんが
絵本のカウントダウンで楽しい年越しができる
大みそかの絵本を例にして、説明させて頂きますね

第4回絵本出版賞「絵本のストーリー部門」最優秀
受賞絵本『大みそかに、じかんがじゃんけん大会?

 

①何歳向けの絵本なのか、まず行数を確認してみましょう

ほとんどが、2行の絵本です。

この時点では、2歳向けと判断しました

 

②でも、次のページでは、行数が増えています

3行なので、3歳向けと判断しました

しかし、ここがポイントです!

 

「2歳向けだと思ったけれど、3歳向けの絵本だった」
ということではなくて

 

2歳向けに、3歳向けを追加して
両方が対象になるのです

 

さらに、実際に赤ちゃんが、じっくりじかんたちを見たり
1歳のお子さんは、個性豊かなじかんたちを
指差しながら楽しめる絵本なんです

 

③年少〜年長さんには、読まない方が良いのでしょうか?

答えは、楽しみ方が変わります♪

 

数字をまだ読めない園児にとっては?

一緒に掛け声をかけることで
数字に興味を持ったり、覚えるきっかけになります

 

・数字を読める園児にとっては?

数字を読めることで、カウントダウンの掛け声を
一緒に盛り上げてくれます

 

④小学生へ、読み聞かせをして良いの?

 

もちろんです♪
他の絵本と組み合わせて、ぜひ読み聞かせして欲しいです

 

小学生への読み聞かせの場合

 

季節行事の絵本として楽しめます

 

大みそかを知っている年齢ですが
「扉」に書かれている、大みそかの前後
実は、見返しで表現しているんですよ

それは、どういうことかと言いますと・・・、
表見返し」を先にご覧いただけますか🔻

クリスマスの後片付けから、大掃除へと
時間の経過を表現しているんです

 

なので、まだ大みそかが分からない
小さいお子さんは、クリスマスツリーはあるけれど
星が無くて、後片付けをしている様子に

 

少なくても、クリスマスのお話ではないことが
伝わるのです

 

それでは、「裏見返し」をご覧下さいませ🔻

大みそかが終わって、お正月の様子を描いています

今、凧上げや羽つきで遊ぶのかな?

子ども頃は、父の実家で、毎年餅つきがあり
7の時間さんと8の時間さんのように
餅つきをしました

 

このように、季節行事を知ることもできます

 

⑤大人向けでなくても、大人だからこそ伝わることがあります

 

実は、大人の方にお読み頂きたいと思っています

それは、制作過程の状況の変化に理由があります

 

・作品が完成したのは、2019年11月です

・受賞の結果通知が届いたのが、2020年1月中旬です

・制作の打ち合わせに、出版社様に伺ったのが
2月上旬と3月下旬です

この時、新幹線の席は、半分になっていました

・打ち合わせは、全てオンラインになりました

 

以上のような、状況の変化に、制作時の明るく楽しく
来年に希望を抱いた新年を迎えるお話のままで良いのか
葛藤しました・・・。

 

それでも、次のように思いたいと願いながら描きました

 

これから先のことに不安を抱えている時
もし、大みそかの絵本を手に取っていただく機会があるならば

 

登場人物のじかんたちが、じゃんけん大会をしたり
わちゃわちゃしながら、時間を進めてくれていると
思っていただけることで、少しずつ前に進められたらと
願いを込めて出版致しました

 

長くなってしまいましたが
1冊の絵本を年齢毎に楽しんでいただけると
年齢に合った、合わないのかな?という
お悩みが解決すると思うのですが、いかがでしょうか?

 

さらに詳しく「絵本の選び方〜幼児編・小学生編〜」の
無料講座の詳細は、TOPページの中央辺りにある
専用バナーより、ぜひご覧下さいませ → こちら(TOPページ)

 

読み聞かせについて配信しています
⇩良かったら下記から登録できます⇩友だち追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事