BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 最新情報
  4. 【読み聞かせの資格】浜松市では、対面で認定講座がスタートします

【読み聞かせの資格】浜松市では、対面で認定講座がスタートします

静岡県浜松市では、読み聞かせの資格を取得出来る
対面での認定講座が、3日後の11月17(金)スタートします

 

読み聞かせの資格を取得できる認定講座では
「絵本の届け方が分かるようになる」だけでなく

声のぬくもりの記憶で、人生の土台となる
子どもの「生きる力」を育てられるように

全国学校図書館協議会による【選定図書】に選ばれた
読み聞かせメソッドで、子どもたちの未来に貢献できます

講座の会場は、浜松市中区佐鳴台のカフェの個室です

一番最初に、お申込み下さった方は
「40年前に叶えたかった夢に、再挑戦したいです!」と
受講を決められたことに、大変感動しました(ご紹介は許諾済み)

※カフェの場所や詳細は、お問い合わせ下さいませ

絵本・読み聞かせスペシャリスト認定講座

 

「絵本・読み聞かせスペシャリスト認定講座」で
子供たちの世界に感動と学びを届けませんか?

絵本の魅力を最大限に引き出し
豊かな読み聞かせのスキルが習得できます。

 

子どもたちの世界を豊かにする
読み聞かせの専門家に!

 

『絵本・読み聞かせスペシャリスト認定講座』は
絵本を活用し、子供たちの言語発達や想像力を
深化させるための専門的なスキルを習得するプログラムです

 

この6ヶ月間の講座では、絵本の読み方を学び
適切な年齢層に合った絵本の選び方を習得します

 

また、紙芝居の効果的な展開や読み聞かせ中の
コミュニケーション技術も重要なカリキュラムとなります

 

認定試験に合格すると
絵本・読み聞かせスペシャリスト認定講師として認定され
絵本を活用した教育のプロとして活動できます

 

この認定講座は、オンラインでも受講可能です
子供たちの学びの旅を豊かにする力を養います

 

このようなお悩みはありませんか?

 

・年齢に合った絵本の選び方が分からない
・子どもの反応が少なく、どうすれば良いのか分からない
・読み方が合っているのか、迷いながら読み聞かせしている
・絵本の組み合わせ方と、どちらを先に読めば良いのか分からない
・自分の判断に自信が持てるようになりたい

声のぬくもりの読み聞かせで
子どもの「生きる力」を育てる

 

・年齢+成長に合った絵本を選べるようになります
・想像力が膨らむ読み聞かせで、心の成長を育む
・クラスの個性に合った絵本の選び方・声の掛け方ができる
・絵本の表現の理解が深まる事で、組み合わせ方で迷わなくなる
・読むだけの読み聞かせではなく、子どもの「生きる力」を育てる
読み聞かせで、子どもの未来を希望に繋げていく

<認定講師さんのご活躍をご紹介>

 

マルシェやイベントで、移動図書館で
次々出店されている認定講師さんや(取材多数)

家庭文庫やお出かけ文庫を始められて
絵本の楽しさを届けられている認定講師さんがいます

 

子育てサークルで、毎月読み聞かせをされている
認定講師さん・マルシェでの読み聞かせなど
それぞれが絵本で叶えたい事に取り組まれています

 

自身の絵本愛をプロのスキルに昇華し
子供たちの成長に貢献しましょう

<受講のきっかけ>

~絵本を読むのが苦手でした~

 

自分で絵本を読むのは疲れてしまって、とても苦手でした
でも、子供の頃、読んでもらうのは、とても楽しかったです

子どもと一緒に、実家に行った時、沢山ある絵本を子どもが
次々絵本を選ぶので、一緒に選んでいたら楽しくなったんです

 

そして、図書館で借りるようになると子どもが
「ママが借りた絵本おもしろかった♪」と言ってくれたり
絵本のセリフの一部を生活で言ったりして
反応が楽しくなり、絵本を学びたいと思いました

 

選定図書に選ばれた
メソッドのカリキュラム

 

<1ヶ月目>絵本の読み方

<2ヶ月目>絵本の選び方(赤ちゃん~年長)

<3ヶ月目>絵本の選び方(小学生)

絵本の選び方と組み合わせ方を
マスターしていきましょう!

 

4カ月目に進むと、絵本の選び方と
組み合わせ方に関する専門知識を一層磨きます

 

読み聞かせスキルをより向上させ
子供たちに魅力的な読み聞かせを
行えるように学んでいきましょう

<4ヶ月目>実践:絵本の選び方・組み合わせ方

<5ヶ月目>紙芝居の楽しみ方

<6ヶ月目>認定試験(設問・実技)

認定証は、後日郵送致します。

 

カリキュラムなど、認定講座の詳細は
無料の個別相談にて説明させて頂きますので
お早目にお問い合わせ下さいませ

読み聞かせについて配信しています
⇩良かったら下記から登録できます⇩友だち追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事