BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 最新情報
  4. 絵本読み聞かせの効果・コミュニケーションが深まる読み聞かせとは?

絵本読み聞かせの効果・コミュニケーションが深まる読み聞かせとは?

絵本の読み聞かせは、親子の読み聞かせと
クラスやサークルなどの集団の読み聞かせがありますが

 

共通して大切なことは、読み聞かせの前後の会話なの

 

読み聞かせ講座では、必ずお伝えしていますが
少し意外に感じられるかもしれません

 

絵本の本文を、どのように読むのか
選び方は、どのように判断すれば良いのかは
もちろん大事ですが

 

子どもたちが、「聞く姿勢」になるのか
「聞きたくなる姿勢」になるのかは
絵本のタイトルを読む前と裏表紙を閉じてからの
コミュニケーションの深め方で変わります

 

 

それらは、読み聞かせの時間を
一緒に共有してくれる相手なんだと
認識してくれて、子どもたちの心に残る
「読み聞かせの時間」となるのです

 

読み聞かせを始める掛け声としては
いよいよお話を読む時に
その絵本のことにちなんだ会話を、少しだけしましょう

 

例えば、運動会前に、動物たちの運動会の絵本を読む場合
「もうすぐ運動会だね。練習はどうかな?
今日はね、動物たちの運動会の絵本を読みたいと思います。
さあ、どんな運動会かな~?」

 

などのように、一言二言、言葉を交わすだけで
子どもたちの日常生活を共有しながら
絵本のお話を楽しむことができるのです

 

それこそが、「また読んで欲しくなる読み聞かせ」なのです

 

後半では、例として、読み始める前からの一連の行動を
説明させていただきたいと思います

~コミュケーションを深める読み聞かせ~

(保育・読み聞かせボランティアの場合)

 

①教室の戸を開けて入ります

「お早うございます。失礼します」

※急いで片付けや、準備をしている子どもへ声を掛けます※

「間に合うかな~?慌てなくていいからね。大丈夫だよ」など
状況に合わせて、声掛けをします

みんなで、絵本を楽しむ時間として、一体感を大切にします

 

②始まりの挨拶をします

挨拶をする前から、椅子に座るまでの間に
ぐるっとみんなと目を合わせます

③椅子に座って、バックから絵本を取り出しながら
 一言二言、言葉を交わします

「さあ、今日は、どんな絵本かな~?」
わくわく楽しみが膨らむように、言葉を掛けましょう

 

実際にあったエピソードです⇩
「今日は、暑いよね~。みんな、汗びっしょりだけど大丈夫?」
「今すぐプールに入りたいよね~(汗)今日は、プールの時間はある?」

子どもたちと、時間割の黒板を見て
「今日は、ないのか~。風邪ひかないように、汗をしっかり拭いてね」
「それでは、今日は、〇〇の絵本を読むね」

などのように、内容は様々ですが、共感を大切にしています

④絵本を読み終えてからの言葉掛けです

終わりの挨拶を終えたら

「次は、来週〇曜日に来るね。またね」
「今日一日、たくさん授業があるけど、頑張ってね」など

声を掛けることで、読み聞かせの時間だけでなく
その日一日を、一緒に共有したことを感じられるのです

 

なかなか、最初は慣れないかもしれませんが
鉄板のお天気について会話をするだけでも
ぐっとコミュケーションが深まります

 

親子の読み聞かせの場合は、教室に入る部分を
絵本を選ぶ場面に置き換えてみて下さい

 

またの機会に、詳しく説明したいと思います

 

「一緒に楽しみたい」という気持ちは
ちゃんと子どもたちに伝わるので
緊張するかと思いますが、思いっきり子どもたちと
読み聞かせの時間を楽しんで頂けたらと思います

 

「ちょっと出来そうかも?」と思われた部分から
ぜひ参考にしてみて下さいませ

 

「また読んで欲しくなる読み聞かせ」について
詳しく学べるセミナーの詳細は、こちら

読み聞かせについて配信しています
⇩良かったら下記から登録できます⇩友だち追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事